【よるのないくに】もう迷わない厳選3種アーナスの武器

【よるのないくに】アーナス厳選武器-剣-必殺技

アーナスの使用できる武器は5種もあり、実際どれを使った方が良いのかと迷っている方も多いだろう。
しかし、実際に「使える」武器となると実は3種しかない。

以前に投稿した「4つのコマンドでストレスのない戦闘方法」ではアーナスは基本的には戦わないということを書いた。
だが、その戦闘方法にも慣れて、アーナス自身で戦える余裕ができた時にどのような武器で戦ったほうが良いのかと悩んだりしていないだろうか。

そこで今回は、アーナスがより安全に邪妖を狩ることができる武器を紹介する。

 

 

 

1.おすすめする武器3種

アーナスの武器は全部で5種存在する。剣、短剣、銃、戦槌、長剣だ。結論から言うと、おすすめする3種の武器は剣、銃、長剣だ。理由は攻撃範囲が広くて攻撃モーションも早いからだ。

しかし、ゲーム開始からこれらの武器がすべて使えるわけではない。アーナスのレベルに応じて使用できるようになってくるからだ。初期は剣だけで、アーナスのレベルが5で銃が、9で長剣が使用可能になる。

それではこれら3種の武器についてひとつずつ見ていこう。

 

 

1-1.剣(ツルギ)

アーナスの初期武器。ゲーム開始では一般的な剣をもっており、初めてのボス戦で「血の剣」を手にする。見た目が変わるだけで、モーション自体は変わらない。リーチが長く、モーションも早くて攻撃範囲も広いため、どのような戦況でも使える武器。

攻撃コンボの種類は6種。

□→△
□→□→△
□→□→□→△
□→□→□→□
□→□→□→×(→□or△)

なにかと派生が多く難しく感じるが、使っていくのは1種のみ。
□→□→□→□ 
これだけで十分だ。

【よるのないくに】アーナスの厳選武器-剣-コンボ1

【よるのないくに】アーナスの厳選武器-剣-コンボ2

【よるのないくに】アーナスの厳選武器-剣-コンボ3

【よるのないくに】アーナスの厳選武器-剣-コンボ4

理由は簡単で、一番入力しやすく、攻撃範囲が広いからだ。さらに、前進しながら攻撃するのでより多くの敵を巻き込むことができる。

 

特殊攻撃である○も広範囲で強力なので、アーナスのSPに余裕があれば使っていこう。

【よるのないくに】アーナスの厳選武器-剣-必殺技1

【よるのないくに】アーナスの厳選武器-剣-必殺技1-2↑ 敵を打ち上げ空中で滅多切りにする。アーナスが着地と同時に敵を吹き飛ばす。

 

 

1-2.銃(ブリッツシューター)

アーナスのレベルが5になると使用可能になる。唯一の遠距離攻撃ができる武器で、より安全に戦うことができる。

しかし、欠点がある。それは、攻撃のたびにSPを消費してしまうということ。□→□の連続攻撃でSPを3消費する。

【よるのないくに】アーナスの厳選武器-銃-コンボ1

【よるのないくに】アーナスの厳選武器-銃-コンボ2

□連打は上図□→□の繰り返し。攻撃を連打していると、SPがなくなり、攻撃できなくなってしまう。だがこの欠点はアーナスの装備品で解決できるので安心してほしい。

銃を使う場合、アーナスの装備品は「ピンクダイヤ」、「血塗られた槍」、「使い古しのタロット」、「ヴラドの紋章」のいずれかのアイテムを一つ以上装備させるようにしよう。そうすればSPの枯渇をそれほど心配することなく攻撃できるようになる。

序盤では「ピンクダイヤ」がおすすめだ。

【よるのないくに】アーナスの厳選武器-銃-SP自動回復「ピンクダイヤ」

効果はかなり優秀で、SPが1秒ごとに2ずつ自動で回復していくという銃を使うためにあるようなアイテムだ。ストーリー第1章の半妖ショップでBloodと交換できるという、入手のしやすさも魅力的だ。必ず手に入れておこう。

また、銃はロックオンとの相性が良いため、使用時には敵をしっかりロックオンしてから攻撃するようにしよう。ムダ弾を減らすことができる。

 

攻撃の種類は4種
□連打(□→□でSP3消費)
□→△(近距離技SP10消費)
□→×(近距離技SP5消費)
△(前方範囲小回復SP3消費)

もちろん、□連打だけで十分だ。おすすめする「4つのコマンドでストレスのない戦闘方法」との相性が一番良い武器でもある。おすすめ戦闘方法と銃との併用により、アーナスは安全地帯で従魔(セルヴァン)を巧みに操りながらも、従魔(セルヴァン)が狙う敵へ追撃することができるようになる。

特殊攻撃である○はアーナス前方に回復弾を撃ち、範囲内の味方を回復させる技だ。

【よるのないくに】アーナスの厳選武器-銃-特殊1

【よるのないくに】アーナスの厳選武器-銃-特殊1-2

アーナス自身も回復するので、奥の手の回復手段としてとっておこう。

 

 

1-3.長剣(魔剣ヨルド)

アーナスのレベルが9になるとイベント後使用可能になる。近接戦闘をするのであれば、これに勝る武器などないと言えるぐらい強力な武器。剣よりも攻撃範囲がかなり広く、リーチもかなり長い、さらに多段攻撃もできるため攻撃特化の従魔(セルヴァン)と同等の火力をたたき出すことができる。

攻撃コンボは6種。

□→△
□→□→△
□→□→□→△
□→□→□→□
□→□→□→×

使用するのは□→□→△または□→□→□→△の2種だけだ。

【よるのないくに】アーナスの厳選武器-長剣-コンボ①-1

【よるのないくに】アーナスの厳選武器-長剣-コンボ①-2

【よるのないくに】アーナスの厳選武器-長剣-コンボ①-3

□→□→△のコンボ。アーナス周辺の敵を打ち上げる攻撃。また、打ち上げられた敵はアーナスの元に引き寄せられる効果があるので、複数の敵を一箇所に集めて、一網打尽にする戦法をとることができる。

 

 

【よるのないくに】アーナスの厳選武器-長剣-コンボ②-1

【よるのないくに】アーナスの厳選武器-長剣-コンボ②-2

【よるのないくに】アーナスの厳選武器-長剣-コンボ②-3

【よるのないくに】アーナスの厳選武器-長剣-コンボ②-4

□→□→□→△のコンボ。4撃目の△の攻撃は範囲も広く、多段ヒットする。総ダメージ量は、攻撃特化の従魔(セルヴァン)の連続攻撃と引けをとらない。

 

 

特殊攻撃である○はアーナスを中心とした周囲攻撃。

【よるのないくに】アーナスの厳選武器-長剣-必殺技1

【よるのないくに】アーナスの厳選武器-長剣-必殺技1-2

攻撃範囲は狭いものの、ダメージと敵をダウンさせる効果がある。敵の猛攻を防ぎたいなどピンチの時に使用しよう。ただし、ボスはダウンしないので注意しよう。

 

 

1-4.従魔への効果

また、アーナスの持っている武器によって従魔(セルヴァン)の攻撃方法が変わるのはご存知だろうか。アーナスが近距離武器(剣、短剣、長剣)の時には従魔(セルヴァン)も近距離攻撃を、アーナスが遠距離武器(銃)の時には従魔(セルヴァン)も遠距離攻撃を多発するようになる。

「4つのコマンドでストレスのない戦闘方法」を使って、従魔(セルヴァン)を巧みに操る中、近距離で攻撃させたい場合は、あえてアーナスに近距離武器(剣、短剣、長剣)を持たせ、近づきにくい敵には、アーナスが銃を持つようにすれば、従魔(セルヴァン)に、より戦況に合った攻撃方法を調節することができる。

もちろん、近距離と遠距離攻撃をもつ従魔(セルヴァン)に限るが、覚えておいて損はない。

【よるのないくに】従魔(セルヴァン)への効果-プロミー

【よるのないくに】従魔(セルヴァン)への効果-プロミー-近距離攻撃

【よるのないくに】従魔(セルヴァン)への効果-プロミー-遠距離攻撃

たとえば、プロミーの場合。アーナスが近距離武器(剣、短剣、長剣)の時、プロミーは敵に突っ込んでいき、火柱を上げる近距離攻撃を高確率で使う。

アーナスが遠距離武器の銃の時は、プロミーはファイヤーボールを飛ばす遠距離攻撃をするようになるのだ。

 

 

 

2.まとめ

以上のことからアーナスが使う武器は剣、銃、長剣(魔剣)の3種で、序盤ではできるだけ早くに銃を手に入れて、剣と銃を使い分けよう。

長剣(魔剣)が手に入ると、銃と長剣(魔剣)を使い分けていこう。

アーナスは基本戦わないが、戦える余裕が出てきた時、自分も乱戦に混じりたければ、剣または長剣(魔剣)を、よりアーナスの安全を確保するのであれば、銃を戦況に合わせてそれぞれに使い分けていこう。

また、アーナスが使う武器(近距離・遠距離)によって、従魔(セルヴァン)の攻撃方法を変えることができるといことも覚えておき、余力があれば試していこう。

 

 

関連記事はこちら↓↓↓

【4つのコマンドでストレスのない戦闘方法】

【よるのないくに】徹底攻略集

 

Pocket

関連コンテンツ

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*