【よるのないくに】4つのコマンドでストレスのない戦闘方法

アクションゲームというと主人公を操って敵陣に乗り込み、ズバズバと敵を薙ぎ払っていくというイメージをお持ちだろう。
しかし、「よるのないくに」ではイメージ通りとはならず、苦戦してイライラしたりすぐにゲームオーバーになったりとストレスを感じていないだろうか?

実は「よるのないくに」には独特の戦い方というものが存在する。

そこで、ここではたった4つのコマンドでストレスを感じない戦闘方法を紹介する。
これを会得すれば、いままで苦戦していた戦闘がグッと楽になるはずだ。

 

基本的な操作方法や戦闘画面の見方は公式ホームページ記載の電子解説書(p.8~p.14)に載っているので確認しておこう。

 

1.おすすめする戦闘方法

結論から言うと、おすすめする「ストレスのない戦闘方法」では、アーナスは基本戦わない。従魔(セルヴァン)を巧みに操る戦闘方法となっている。

理由は2つある。1つは、敵(邪妖)へのダメージ量が主人公(アーナス)より従魔(セルヴァン)の方がはるかに高いということ。もう一つは、主人公(アーナス)が簡単に死んでしまいゲームオーバーになりやすいということ。

では早速その戦闘方法を解説しよう。

 

 

2.使用する4つのコマンド

ここではデフォルトのボタン配置で説明する。気にいらなければ、オプションの操作方法で変更しよう。A~Eの5パターンに変えられるがカスタムのボタン配置はできない。

実際にやることは非常にシンプルだ。コマンドは基本的に4つしか使わない。

・カメラ距離の調節         :右スティック上下
・ロックオン       :R3ボタン
・一緒に戦え![従魔命令]  :R1+← 
・ついて来い![従魔命令]  :R1+↓

これだけだ。一つずつ見ていこう。

 

 

2-1.カメラ距離の調節(右スティック上下)

カメラ距離は右スティック上下で3段階まで変えることができる。

【よるのないくに】のカメラ距離が「近距離」時の戦闘画面 

【よるのないくに】のカメラ距離が「中距離」時の戦闘画面

【よるのないくに】のカメラ距離が「遠距離」時の戦闘画面
上の図から近距離、中距離、遠距離だ。

おすすめの戦闘方法では常に遠距離にしておく。従魔(セルヴァン)達がどの敵とどう戦っているかが一望できるからだ。こうすることで、従魔(セルヴァン)達に戦況にあわせた的確な指示を出すことができる。

 

 

2-2.ロックオン(R3ボタン)

右スティックを垂直に押し込むとR3ボタンが押されたこととなる。アーナスの近くの敵を一体だけロックオンすることができる。もう一度押すと、ロックオンを解除できる。

【よるのないくに】敵をロックオンした瞬間の表示

【よるのないくに】敵をロックオンした状態の表示上の図はR3ボタンを押した瞬間、下の図はそれによりロックオンされた状態を示している。

ロックオンした状態で右スティックを左右に動かすとロックオンの対象を変えることができる。敵をロックオンすると、カメラがその敵を自動で追うようになるので、特にボス戦で重宝する。

雑魚敵との乱戦では、ロックオンした敵が倒されると、ロックオンが自動的に解除されるので、すかさず生き残っている敵にロックオンしなおそう。

 

 

2-3.一緒に戦え![従魔命令] (R1+←) 

アーナスが戦っている敵を攻撃するように命令する。一見、やはりアーナスも戦わなければならないのでは?と思うかもしれないが実はそうではない。

先ほど紹介したロックオンとの相性が非常に良く、敵にロックオンした状態でこの従魔命令を指示すると、戦闘に参加している従魔(セルヴァン)が全員その敵を狙って攻撃するようになるのだ。

【よるのないくに】一緒に戦え!(従魔命令)とロックオンとの併用

もちろんアーナスが戦わずとも集中砲火を浴びせることとなる。雑魚敵との乱戦でも、ロックオンと併用して、一体一体確実に潰していく。この方が結果的に受けるダメージも少なく、かつ素早く敵を全滅さることができる。

 

 

2-4.ついて来い![従魔命令] (R1+↓)

戦闘に参加している従魔全員をアーナスの近くに呼び寄せる。従魔(セルヴァン)を巧みに操る上でこの命令が一番使用頻度が高く、かつ重要だ。このコマンドは、従魔(セルヴァン)を呼び寄せる命令というと実は正しくない。従魔(セルヴァン)をアーナスの近くに瞬間移動させる命令というのが正しい。

結論から言うとこの命令で従魔(セルヴァン)に回避行動をとらせることができる。

【よるにないくに】ついて来い!(従魔命令)を実行した瞬間

【よるにないくに】ついて来い!の従魔命令で瞬間移動した従魔達上の図はコマンドを実行した瞬間、下の図はそれにより従魔(セルヴァン)が瞬間移動したことを示している。

図のように、ついて来い!と従魔命令すると、アーナスの近くに瞬間移動しているのがわかる。そして、敵の攻撃(図の左上の火柱)を回避しているのも確認できるはずだ。

アーナスの居る場所が従魔(セルヴァン)の回避着地点となるため、アーナスは常に敵から距離をとり安全地帯を確保しておこう。

 

 

まとめ

戦闘ではこれら4つのコマンドを駆使して従魔(セルヴァン)を巧みに操る。

戦闘パートに入るとすぐにカメラを遠距離に調整し、敵が現れたら、ロックオン、そして一緒に戦え!ついて来い!を駆使して従魔(セルヴァン)の攻撃と回避を巧みに操っていこう。

その間アーナスは敵との距離をあけながら逃げ回ろう。

この戦闘方法は特にボス戦でその真価を発揮するので、しっかりとモノにしよう。何度が戦闘をこなすと慣れてくるはずだ。この戦闘方法が手に馴染んできたら、ここぞというとき、従魔(セルヴァン)の攻撃系のバースト技を叩き込んでいこう。

それすら慣れてくると、従魔(セルヴァン)に命令を出している間、アーナスで攻撃できる余裕が出てくる。そのときに初めて、アーナスで戦うようにしよう。ただ、下手に敵に突っ込んでいくと、面白いくらいにダメージを受けるので、攻撃の主体はあくまでも従魔(セルヴァン)であるということを忘れないようにしよう。

 

 

関連記事はこちら↓↓↓

【もう迷わない厳選3種アーナスの武器】

【よるのないくに】徹底攻略集

 

Pocket

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*